治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 当院のインプラント治療の特徴 > インプラントにおける医療裁判

インプラントにおける医療裁判

インプラントにおける医療裁判

最近、裁判で医療訴訟として「インプラント」が何件も行われています。

今後ますます増えると予想されています。

インプラント手術でもっとも大切なことは何でしょうか?
インプラント手術を成功させること?もちろん大事ですし、当然です。

吉本歯科医院では、健康で、安全に手術を終えてお帰りいただくことを最優先いたします。

このような当然のことが、本当にできているかどうかその基準を実際に判断することは非常に困難です。
また、残念ながらその「そんなことは当然」と思われることを確実に行っている歯科医師が少ないのも現状です。
そして、毎年、インプラントによる医療裁判は増える一方です。

インプラント手術は手術を受けなければ「生命の危機に関わる」「絶対に受けなければ命を落としてしまう」という手術ではありません。

むしろ、健康な方が、より豊かに、健康に日々の生活を快適に過ごすための治療なのです。

インプラント手術は健康な方が受ける手術です。

全くリスクがない訳ではありません。
麻酔のアレルギーや、不整脈を引き起こすことがあります。
インプラント手術は整形外科の骨を削る手術と似た性質の手術です。一瞬ですが正常な方でも不整脈に似た波形が見られることがよくあります。

ほとんどの方が何もなく普通にお帰りになりますが、しかしながら、避けて通れないリスクがあります。

吉本歯科医院の手術体制について

手術中に不整脈が起きたてしまったら、対応できる姿勢と体制が必要です。

吉本歯科医院では、手術中は心電図と血圧、足の先の指にまで血液がしっかりと流れていることを確認できるようにモニタリングシステム(生体情報モニタ)を導入しております。

吉本歯科医院では、手術中の一瞬の体の変化も見逃さないために麻酔科医と協力し、医師2名体制で手術に臨みます。

何かが起こったとしても、手術に集中している歯科医師ではなく、麻酔科医が即座に対応いたします。
術中に患者さまのお体になんらかの異変があった場合にも即座に対応することが可能です。

患者さまの安心と安全を守るために歯科麻酔医との歯科医師2人体制での手術は重要なことと考えております。

モニタリングには最新のオムロンコーリン社製の生体情報モニタ MoneoBP-A308を採用しております。

無料メール相談はこちら

  • 入力
  • 確認
  • 完了


女性 男性














※必須
希望する 希望しない

※希望するにチェックをして下さった方にはメールアドレスに吉本歯科医院より、歯を失わないための情報をお送りさせて頂きます。


  ※送信まで数秒かかります。ボタンは1回のみ押してください

「インプラント」については、当院までお問い合わせください

医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院 TEL:087-818-1118 受付時間 9:15~17:30(日・祝日・水曜日休診)