治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!

GBR(骨再生療法)

骨が少ない患者さまに対する最新技術(GBR)

インプラント埋入に充分な骨の厚みや幅がない時に、特殊な膜を用いて、骨を造成させる方法です。

上顎にインプラント治療予定ですが、歯を支える骨も溶けて薄くなってしまっている状態でした。

 

実際の治療の流れ

1.

歯茎を切開して拡げてみると骨がなくなっています。

2.

歯を抜いた部分にインプラントを埋入するが、骨がなく、インプラントがほとんど見えている状態です。

3.

骨のない所に、骨に置きかわっていく補填材を移植します。
(自家骨:インプラントを埋入の為にドリルで切削中に集めた骨や顎の部分から削った骨を予め集めておいたもの)

4.

骨補填後に、崩れないようにその部分をカバーするように特殊な膜やプレートでおおい、その後縫い合わせます。

5.

6ヶ月後、歯ぐきを開いて膜を取り除くと、骨がなかった所にしっかりと骨が作られ、インプラントが完全におおわれている状態が判ります。

6.

完成写真


GBR(骨再生療法)行なわずにインプラントを行なった場合

この患者さんの歯茎はもうすでに腐り骨は溶けている状態だったので、骨を再生せずにインプラントを行なうと、写真のように歯茎の上の方からインプラントを入れることになり、非常に不自然な完成となってしまいます。

無料メール相談はこちら

  • 入力
  • 確認
  • 完了


女性 男性














※必須
希望する 希望しない

※希望するにチェックをして下さった方にはメールアドレスに吉本歯科医院より、歯を失わないための情報をお送りさせて頂きます。


  ※送信まで数秒かかります。ボタンは1回のみ押してください

「インプラント」については、当院までお問い合わせください

医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院 TEL:087-818-1118 受付時間 9:15~17:30(日・祝日・水曜日休診)