治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 当院のインプラント治療の特徴 > サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)について

骨が少なくても「サイナスリフト」という術式でインプラントを行うことができます。

上顎歯槽骨が薄く、上顎洞が低い位置にある場合、上顎洞低を押し上げて骨を填入し、歯槽骨幅を確保します。

下記の写真をご覧ください(骨のない状態)。
骨がないため、骨が吸収し薄くなった状態がわかります。

サイナスリフト術により骨が増えた状態(ピンクの部分が骨が増えた状態)です。

患者さまの顎の骨の模型です。

患者さまの顎の骨の模型を円形に削ります。実際には骨に穴を開けていきます。
骨と上顎洞(サイナス)の間には「シュナイダー膜」という膜があり、それを破らないように細心の注意を払いながら削っていきます。

シュナイダー膜を破らないように注意深く持ち上げ、骨を上顎洞側に押し込んでいき、骨を上顎洞側に押し込んでいきます。

インプラントを埋入します。

インプラント先端部分の骨が足りず、飛び出している状態がわかります。
開けた穴より、自家骨(骨を削った際に出たものや、骨の充分ある別の部位より集めたもの)を填入する膜を押し上げながら、インプラントを埋入します。
充分な骨が充填された状態になれば、開けた穴を特殊な膜で塞ぎ、歯肉を縫合していきます。

無料メール相談はこちら

  • 入力
  • 確認
  • 完了


女性 男性














※必須
希望する 希望しない

※希望するにチェックをして下さった方にはメールアドレスに吉本歯科医院より、歯を失わないための情報をお送りさせて頂きます。


  ※送信まで数秒かかります。ボタンは1回のみ押してください

「インプラント」については、当院までお問い合わせください

医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院 TEL:087-818-1118 受付時間 9:15~17:30(日・祝日・水曜日休診)