治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
患者さんに「本当に必要な治療」とは?
ホーム > 患者さんに「本当に必要な治療」とは? > 吉本歯科医院の特殊技術:接着について

吉本歯科医院の特殊技術:接着について

虫歯になり、歯科医院で治療する際に、通常、虫歯部分を削ってその削った部分にふたをするためにかぶせ物(補綴物)や詰め物をします。
そのかぶせ物をかぶせる際に、当院では特殊な接着技術を用いております。
この接着技術は吉本歯科医院のあらゆる治療に使われております。
また言い換えればこの接着技術があるからこそ、他医院では決して治らない症例に対しても良い結果を出していけている、と言えます。

吉本歯科医院の接着技術の症例

着認定医により接着された歯の断面 インクの入り込んだ歯の断面

歯に金属をかぶせてインクに浸した歯を取りだし断面を観察した状態です
右はインクが中に入り込んでいます。左は接着認定医の仕事です。赤インクがばい菌と仮定します。ばい菌はほとんど入りこんでいません。

心棒をさしインクが入り込んだ歯の断面 接着認定医より接着された歯の断面

歯に土台(心棒)を入れたものをインクに浸した歯をとりだし断面を観察した状態です。
右は接着認定医の仕事です。
ばい菌はほとんど入り込んでいません。

左の写真はばい菌がいる状態です。通常、かぶせ物をかぶせる場合には、この状態でくっつけるのでばい菌が繁殖します。
当院での治療では、まず、ばい菌(スミア層)の表面をきれいに除去します。
そして表面にあるコラーゲン層が将来のばい菌の住処になりますので、その層を除去するためにネオクリーナ処理をすることによってコラーゲン層を溶解させ、細かい穴をつくり、象牙質アパタイトを露出させます。
この面にセメントを接着することによって強固な接着ができ何度もむし歯ができることを防ぎます。

例えばカレーがつるつるした床の上についた場合、簡単に拭き取ることができます。
しかし、じゅうたんの上にカレーが落ちてしまえば、毛と毛の間に除けようとすればするほど、沁みこんでいきます。
それと同じ原理です。上の図は実際に接着材が封鎖するために穴の中に入り込んでいる状態です。

吉本歯科医院の考え方

吉本歯科医院の接着技術は、当院で行なう、あらゆる治療法の基本になっております。
むし歯治療であれ、インプラント治療であれ、歯周病治療であれ、その病気のもとを引き起こしている大きな原因のひとつは口の中のばい菌です。

そのばい菌を治療した部分に入り込ませにくいようにするのがこの接着技術です。
どんなにいい素材でかぶせ物をしても、接着技術なくしては、必ず同じ症状が短期間に内部で起こってしまいます。
数年後にまた再発を繰り返す原因を起こさないことが非常に重要です。

「接着」という聞きなれない言葉ですが、歯科治療の成功の鍵を握っている技術であることをご理解いただければ幸いです。

理想的な接着技術、手順の確認

  1. むし歯部分を最小限の削る量に押さえます。
  2. 削った部分の型取りをします。
  3. 削った部分に微量の抗生物質の薬品を塗ります。(薬で治す治療法処理)
  4. 削った部分の表面を薬剤によりセメントが隙間無く浸透できるような表面処理を行ないます。(15分程度)
  • 削った部分の表面を薬剤処理することにより封鎖性の高い接着を得ることができます。
  • 歯の表面を薬剤処理することにより表面のばい菌を殺し、ばい菌の侵入をストップし、装着した部分からの虫歯を防ぐことができます。
  1. 完全に表面処理を行なったことを確認後、すばやく被せ詰め物をくっつけます。
  2. 素材の良いものを選び(金属アレルギーに対応、強度があるもの)かぶせ物でふたをします。

上記の(1)と(3)(4)が吉本歯科医院と他医院との大きな違いです。

このような順序を追って、確実にばい菌を2度と侵入させないような処理を行ないます。
この処理をすばやく行い、患者様にあった被せものを提案できることこそが接着技術の重要な要素といえます。

→接着歯学会認定医

「歯の治療」については、当院までお問い合わせください

医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院 TEL:087-818-1118 受付時間 9:15~17:30(日・祝日・水曜日休診)